ヒトラーに才能を愛され、“20世紀を4回生きた”女性の記録映画「レニ」BD化(映画ナタリー)

出典元:「レニ」 (c)OMEGA FILM GmbH/NOMAD FILMS 1993

ドキュメンタリー「レニ」のBlu-ray / DVDが、11月6日に発売される。

本作はドイツの映画監督レニ・リーフェンシュタールを追ったもの。1902年にベルリンで生まれ、ダンサーや女優としての活動を経て映画監督の道へ進んだリーフェンシュタール。1932年の監督作「青の光」では、ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した。その後アドルフ・ヒトラーの庇護のもと、1934年のナチス党大会を記録した「意志の勝利」を手がける。1936年のベルリンオリンピックの記録映画「オリンピア」ではスポーツ撮影の基本を確立し、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞した。ナチス党員になることはなかったリーフェンシュタールだが、戦後は“ナチスの協力者”のレッテルを貼られ、非難や黙殺を受ける。しかし1970年以降に写真集「ヌバ」でカムバックし、2003年に101歳で死去した。

【写真】「レニ」(メディアギャラリー他17件)

1993年に製作され、シカゴ国際映画祭シルバー・ヒューゴ賞など多くの賞に輝いた「レニ」。劇中では、“20世紀を4回生きた女性”と言われるリーフェンシュタールの波乱の人生を、本作の監督レイ・ミュラーによる本人へのインタビューを通して紐解いていく。さらに彼女がダンサーとして踊るフィルムや、主演映画、監督作のメイキング、ナチ時代の映像なども使用されている。そして彼女が、芸術家の政治的責任などを語る場面も。なお本作のBlu-ray化は国内初。HDニューマスターを使った商品が発売されるのは世界初となる。

■ レニ
2019年11月6日(水)発売
発売・販売元:キングレコード
価格(税別):Blu-ray 4800円 / DVD 3800円

(c)OMEGA FILM GmbH/NOMAD FILMS 1993

ブラウス ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシングはインチキなの?クレームや評判??

メディアや雑誌でも取り上げられて有名な
ブラウス ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシングが
気になっています。

SNSでも話題で、
いろいろな噂もあるみたい・・・。

実際は
期待はづれ?? 
なのかな~

【クレーム】とか【評判】ってどうなんだろう?

わたしが気になっているのはコレ・・・

ただ単に、
ネットで人気の商品だから
インチキっぽく言われてるのかもしれないけど
口コミとかは評判はいいと思うんだよね。

どうしよう。

買ってみたいんだけど悩むな~

コメントを残す