星野源×STUTSが紅白で生コラボ、2019年は「『いだてん』をぜひ観て」(音楽ナタリー)

出典元:“いつものポーズ”のリクエストに応える星野源。

12月31日(月)にNHK総合ほかで放送される「第69回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、本日12月29日に東京・NHKホールで行われている。この記事では星野源のコメントを紹介する。

【写真】レッドカーペットを歩く星野源。(メディアギャラリー他17件)

今回星野が歌うのは、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」の主題歌「アイデア」。星野はステージを縦横無尽に動き回り、ギターやマリンバの演奏も交えながらドラマチックなパフォーマンスを繰り広げる。曲の途中には今回の「紅白歌合戦」のオープニング音楽も手がけているSTUTSがステージ上手の回り舞台に乗って登場し、星野とのセッションを展開する。

音合わせを終えた星野は「今回は演出の方がすごく気合いを入れてくださって。ホールを存分に使います」とアピールし、STUTSの登場シーンを「『盆が回る』のはギリギリ僕ら世代が楽しめる演出。彼1人だけ出てくるのが面白いです」と楽しそうに振り返った。星野は今回、NHKの音楽バラエティ「おげんさんといっしょ」の“おげんさん”としても企画コーナーに出演する。このコーナーに対しては「出演者も何が起こるのかわからないところ、“おげんさんち”から放送するところが見どころです」と語った。

また「半分、青い。」の出演者である永野芽郁と佐藤健が審査員を務めることについては「芽郁ちゃんとは以前『うたコン』でご一緒したんですけど、健くんとはまだちゃんとお話したことがないので、会うのが楽しみです」と期待を膨らませる。そしてドラマの感想を「挑戦的な作品で、なんかすごかったですよ。芽郁ちゃんが泣くところでは一緒に泣きました(笑)」と語り、主題歌「アイデア」での紅白出場を「挑戦が詰まった曲なので、自分がやりたい音楽を大晦日に届けられるのがうれしいです」と喜んだ。

最後に2019年の抱負を尋ねられた星野は、NHK関係者の耳打ちを受けて「(自身が出演する大河ドラマ)『いだてん』をぜひ観ていただいて(笑)」とアピールし、「ドームツアーもあるので、ぜひ遊びにきてください」とコメント。昨年出場時に「全国に遊びに行きたい」と語っていた2018年の目標については「全然行けませんでした(笑)」と残念がりつつ、今年は2月にハワイだけ行けたんですけど、日本国内に行けなくて。来年はいい報告ができれば」と誓いを新たにしていた。

ロング丈ダッフルコート ミックスツイード チャコールグレーが雑誌やSNSで話題に!評判や口コミは真実なの?

ROAD-AND-SKYさんが販売しているロング丈ダッフルコート ミックスツイード チャコールグレーが
雑誌やSNSで騒がれてるみたいだよ

それだけ注目されてるというのは事実だよね

いかにも
【誰でもこのまれ】【安くて】【誰でも気にいられる】
みたいに宣伝してるのは
逆に怪しすぎる印象をもってしまうよね

誇大な表現って警戒する人もいるよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

ぶっちゃけ、何だか怪しいなあ。とついつい思っちゃうほど騒がれているから・・・
返品保証はついてるのかな?

考えばかりでなく買った方がいいのは分かるけど、
ちょっと不安~

コメントを残す