井浦新主演!横尾初喜監督、故郷・長崎で新作「こはく」クランクイン(映画.com)

[映画.com ニュース] 昨年「ゆらり」で劇場映画を初監督した横尾初喜が、故郷の長崎県を舞台に撮影する最新作「こはく」が本日3月27日、長崎電気軌道・蛍茶屋駅車庫でクランクイン。主人公を井浦新が演じることが発表された。

 「こはく」は横尾監督自身の幼少期の実体験を元に、父を探す主人公と兄、その母をめぐる家族愛をテーマにした作品。現在公開中の「ニワトリ★スター」ほか主演作の公開が続いている井浦は、本作で幼少期に両親の離婚により心に深い傷を負い、別れた父の姿を負い続ける主人公を演じる。脚本はドラマ「相棒」、映画「つむぐもの」などの守口悠介が手がけた。

 井浦は「クランクインをしてようやく横尾組の空気にふれましたが、温かい現場だなと感じています。今回、自分がいただいた広永亮太という役を通して、自分の家族について、大事なことについて、そして自分自身について、もう一度向き合って、見直して、許せるようになって、自分もしっかりと感じとっていきたいと思っています」とコメントしている。

 長崎市・佐世保市を中心に、長崎県内で約2週間撮影が行われ、400人以上の中から選ばれた市民キャスト17人が出演するほか、多数の県民エキストラも出演。4月1日には佐世保市島瀬公園に800人の市民エキストラ(現在募集中)を集めての撮影も予定しており、県内の多くのボランティアの協力を得て撮影していく。

本当にあんなに効果が出るんなら嬉しいんだけど、
(ちょっと現実離れした)
インチキ商品のような疑惑を感じるのも普通だよね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の暴露レビューとかを参考にして
購入するかどうか決めようと思って

ネットで色々調べたら
そんなに悪い評判や口コミが無いんですよ。

サポートもしっかりしてる★と評判が良さそう

どうしよう・・・これはGO!かな?

コメントを残す