カセットボンベの爆発事故に注意 過去5年で136件発生(ITmedia ビジネスオンライン)

独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)は12月21日、2012~16年度の5年間にカセットボンベを使用したこんろやストーブの爆発事故が136件起きていたと発表した。特にこんろ・ストーブの使用が増える年末年始は事故が多発しやすいとし、消費者に注意を呼びかけている。

【画像】事故事例と主な対応策

 事故の原因となったカセットボンベ使用製品は、カセットこんろ(84件)、ガストーチ(32件)、ガスストーブ(12件)など。うち74件が火災を伴っており、死亡事故が1件、重傷事故が5件起きていた。

 直近では11月に、都内のビルでカセットボンベが爆発して窓ガラスが割れ、道路に破片が散乱する事故が起きている。

 NITEはこのほか、「こんろをIH調理器の上に置いていた消費者が、誤ってIH調理器を起動したため、加熱されたカセットボンベが爆発した」「ガスストーブのガスを通す部分が製造段階で変形していたため、ガス漏れが発生し、大きな火災が生じた」――といった事故事例を紹介。

コメントを残す